一般社団法人 日本ソムリエ協会

「日本ソムリエ協会教本」 「テイスティングは脳でする」「和食とワイン」「ワイン男子101人の“もてなしワイン”300本」「ワイン女子101人のおうち飲みワイン202本と最強つまみ202品」

日本ソムリエ協会発行
「2016年 日本ソムリエ協会教本」のご案内

  • 書名:「2016年 日本ソムリエ協会教本」
  • 製作者:一般社団法人 日本ソムリエ協会
  • 版型:A4版
  • 会員価格 4,320円(税込・送料無料)
  • 一般価格 5,700円(税込・送料込)

呼称資格認定試験の勉強から日々のワイン法チェックまで幅広くご活用いただけます。

主要ワイン産出国について概略、それぞれの地方別に概要、歴史、文化、経済、気候、主要ぶどう品種、地方料理と食材、ワイン法と品質分類、原産地表示付きのワインなどの情報を網羅し系統的に学んでいただけます。

その他、酒類飲料概論、ワインの購入、管理と販売、ワインの観賞とその表現法、ワインと料理、ワインのサービス実技、公衆衛生と食品保健など試験対策のみならずワインに携わっておられる方々の実用書としてご活用ください。

 

※3月1日より予約受付開始。3月10日より順次発送予定。
※賛助会員の方はまとめてご購入が可能ですが、必ず弊会窓口ご担当者様より 専用窓口へお申し込みください。。

 

▲ページの先頭へ

日本ソムリエ協会発行
「テイスティングは脳でする」発売のお知らせ

  • 単行本(ソフトカバー): 144ページ
  • 本のサイズ: 21×14.8×1.4㎝
  • 定価: 3,240円(税込)
  • 送料: 無料
  • 発売元 : 一般社団法人 日本ソムリエ協会
  • 発売日 : 2015年7月7日

10冊セットは、会員限定販売となります。

著者は日本ソムリエ協会 理事 中本聡文、常務理事 石田 博。2人のトップソムリエが「テイスティングは我流では上達しない。脳を使って、テイスティングの基本フォームを守り、反復練習をすることが大事」と説き、テイスティング力を向上させることを目的に、正しい分析の仕方を詳細に解説した画期的な本。
カラーチャートを駆使し、「香り」や「味わい」の分析法をわかりやすく指南しています。

  • 主なコンテンツ(目次より)
  • 第1章 テイスティングのゴールと7つの準備
  • 第2章 テイスティングのフォームをつくろう
  • 第3章 外観の基本フォーム
  • 第4章 第一印象と第1アロマの分析法
  • 第5章 第2アロマの分析法
  • 第6章 第3アロマの分析法
  • 第7章 味わいの基本フォーム
  • 第8章 酸味をどう分析するのか
  • 第9章 渋みをどう分析するのか
  • 第10章余韻をどう分析するのか

「テイスティングは脳でする」に 関する問い合わせ先 contact101@sommelier.jp までメールでお願いします。
※協会の事務局では質問などを受け付けませんので、よろしくお願いいたします。

▲ページの先頭へ

日本ソムリエ協会発行
「和食とワイン」発売のお知らせ

  • 書名:「和食とワイン」
  • 著者:田崎真也 髙橋拓児
  • 出版年月:2015年7月
  • 版型:B5変形版(天地257ミリ左右148ミリ)
  • ページ数:本文192ページ
  • 本体価格:3300円 (税別)

10冊セットは、会員限定販売となります。

ユネスコの世界遺産に登録され、今や海外でも大人気の和食。その和食とワインをどう組み合わせて楽しむかを解説した実用本。
ワインやフランス料理のみならず、日本酒と日本料理を熟知している著者たちだからこそ実現した本です。「Sommelier」で4回にわたって連載した「日本料理とワインを検証する」をベースに(本書の第5章)、1章から4章まで和食及び日本酒をも詳しく分析しています。
この1冊の内容を理解することで、「和食と日本料理をどう合わせるか」、「フランス料理と日本酒をどう合わせるか」の理解につながります。
ソムリエだけではなく、料理人、一般のワインファン、日本酒のファンにも学べる内容です。

  • 第1章 和食とは何か
  • 第2章 和食の調味料
  • 第3章 和食の香り
  • 第4章 和食の調理法
  • 第5章 和食にワインを合わせる

「和食とワイン」に 関する問い合わせ先 contact101@sommelier.jp までメールでお願いします。
※協会の事務局では質問などを受け付けませんので、よろしくお願いいたします。

▲ページの先頭へ

日本ソムリエ協会発行
「ワイン男子101人の“もてなしワイン”300本」

  • 単行本(ソフトカバー) : 224ページ
  • 本のサイズ: 18.8×13×2cm
  • 定価 : 1,620 円(税込)
  • 送料 : 無料
  • 発売元 : 一般社団法人 日本ソムリエ協会
  • 発売日 : 2014年7月7日

著者は日本ソムリエ協会の会員であり、ワインエキスパート、シニアワインエキスパートの資格をもつ全国の男子を「Sommelier」編集長・佐藤由起が中心に選抜したメンバーです。
出版の目的は、ワイン市場の活性化と日本ソムリエ協会の知名度の向上です。
ワイン男子本のテーマは「もてなし」です。家族をもてなす、友人や職場の上司や同僚、部下をもてなす、ときに自分をもてなす……。さまざまなシチュエーションがあります。
そのTPOに応じた、「ワインのもてなし」をコンセプトにワイン男子たちがこれまでの経験から、それぞれに知恵を絞りました。

もてなしワインは、2つのカテゴリーで選んでいます。

  • カジュアルワイン(税別1000円台)→1本と10分以内でできる男の手料理1品。
  • エレガントワイン(税別3000円から6000円台)→2本とそのもてなしのストーリー。
  • 巻末には、300本のワインの造り手別、タイプ別(赤・白・ロゼ・スパークリングワイン・その他)、生産国別のINDEXがあり、そこからワインが検索できます。

楽しみ方を見る

ワインファンであるビジネスマンたちがどんなワインをおすすめしているのか、ぜひ本書でお確かめください。

本のお申込みは、こちらの販売サイト
1冊から受け付けます。送料無料です。 特別価格の10冊セットもございます。

「ワイン男子101人の“もてなしワイン”300本」に 関する問い合わせ先 contact101@sommelier.jp までメールでお願いします。
※協会の事務局では質問などを受け付けませんので、よろしくお願いいたします。

▲ページの先頭へ

日本ソムリエ協会発行
「ワイン女子101人のおうち飲みワイン202本と最強つまみ202品」

  • 単行本(ソフトカバー): 224ページ
  • 本のサイズ: 18.8×13×2㎝
  • 定価: 1,458円(税込)
  • 送料: 無料
  • 発売元 : 一般社団法人 日本ソムリエ協会
  • 発売日 : 2013年7月7日

著者は日本ソムリエ協会の女子会員101名。ソムリエ、ワインアドバイザー、ワインエキスパートなどの資格をもつ全国の女子を「Sommelier」編集長・佐藤由起が選抜しました。
出版の目的は、固くいうと、ワイン市場の活性化。やわらかくというと一人でも多くのワイン ファンを増やして、楽しい時間を共有できたらという願いから。
「おうち飲み」を前提に、1000円台を中心に2500円位までのワインが選ばれています。
さらに、選んだワインに合うつまみを紹介しています。「早く飲みた~い」のに、キッチンに1時間も立っていたくはありません。 ハレの日の食卓ならともかく、毎日ワインを楽しむうえで、材料や調味料がたくさん必要だったり、手間暇かかるものは避けたいところ。
冷蔵庫にある食材を使って、調味料もおうちにあるもので、20分以内でささっとできる簡単なものばかりを今回紹介しています。
ワインを飲みながらつまみを作るのもよし。つまみを決めてからワインを選ぶもよし。
いろいろな使い勝手が楽しめます。オールカラーです。 ワインビジネスに携わるプロフェッショナルたちのおうち飲みワインと、さらに、ワインエキスパートたちのワインファンがどんなワインを好む傾向にあるか一挙に公開です。

  • 名前の50音順に1人2ページ、顔写真・プロフィール入りで紹介しています。
  • 1人2本のワインを紹介し、それぞれのおすすめポイント、そしてそれに合うつまみの写真(女子たち自ら撮影したもの)、つまみの材料と作り方、ワインに合わせるポイントを紹介しています。
  • 巻末には、202本のワインの造り手別、タイプ別(赤・白・ロゼ・スパークリングワイン・その他)、生産国別のINDEXがあり、そこからワインを検索できます。

本のお申込みは、こちらの販売サイト
1冊から受け付けます。送料無料です。 特別価格の10冊セットもございます。

「ワイン女子101人のおうち飲みワイン202本と最強つまみ202品」に 関する問い合わせ先 contact101@sommelier.jp までメールでお願いします。
※協会の事務局では質問などを受け付けませんので、よろしくお願いいたします。

▲ページの先頭へ